住信SBIネット銀行の自動車ローンの口コミ評判と審査基準を検証

MENU

住信SBIネット銀行の自動車ローンの口コミ評判と審査基準を検証

自動車ローンを選ぶ時には、複数の金融機関のマイカーローンを比較検討し、なるべく好条件のものに決めたいですよね。

 

さまざまな自動車ローンを解説し、条件の比較をアシストする当サイト。
今回は、住信SBIネット銀行の自動車ローンの情報をお伝えしていきます。

 

住信SBIネット銀行の自動車ローンは、「MR.自動車ローン(ミスター自動車ローン)」から「自動車ローン」に変更されました。
このページでは、他社の自動車ローンとの混同を避けるため、「住信SBIネット銀行の自動車ローン」と表記します。

 

住信SBIネット銀行のロゴ

■住信SBIネット銀行の自動車ローンのおすすめポイント

・年2.775%〜3.975%の低金利(基準金利)
・条件を満たせば最大1.0%、金利を引下げ!
・車を選ぶ前でも「仮審査申込」できる!
・来店不要で手続きカンタン!ネットと郵送で完了する
・100万円までの借入なら年収証明書が不要
・一部繰り上げ返済は1円から。何度でも手数料無料
・収入の安定した公務員企業勤めの会社員に人気

住信SBIネット銀行の自動車ローンの商品概要

どんなメリットがあるか

住信SBIネット銀行の自動車ローンは、ネット専業銀行「住信SBIネット銀行」の目的別ローンの一つ。
以前は「MR.自動車ローン(ミスター自動車ローン)」という堂々とした商品名でしたが、現在はシンプルに「自動車ローン」と表記されています。

 

車に関する目的のために組むローン商品、いわゆるマイカーローンとなります。

 

金利

住信SBI銀行の自動車ローンは変動金利で、年2.775%〜3.975%となっています(2019年10月現在の基準金利)。

 

この金利の水準を見極めるため、かんたんな比較表を用意しました。

 

【自動車ローン金利比較表】

ローン名

金利(※)

住信SBIネット銀行の自動車ローン

2.775%~3.975%

(変動金利)

三菱UFJ銀行のマイカーローン

2.975%(通常)

(変動金利)

ディーラーローン

約5%〜8%

※金利優遇やキャンペーンを除く“基準金利”を表示

 

同じく低金利で人気の三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローンも比較表に含めてみましたが、いかに銀行のマイカーローンが低金利か、一目瞭然ですね。

 

さらに住信SBIネット銀行の自動車ローンは、所定の条件(のちほど解説↓)を満たせば1%の金利引き下げも可能。
そうなると数ある自動車ローンの中でもかなり低めの金利が期待できちゃいます。

 

金利は申し込み時点ではなく、借り入れ実行日の数字が適用されます。住信SBIネット銀行の自動車ローンの金利は定期的に見直されるため、申込日から借入日の間に金利の見直しが行われた場合には、申し込んだ時点と違う金利となる可能性もあるので注意してください。

 

利用範囲(使いみち)

住信SBIネット銀行の自動車ローンは幅広い用途に使用できるのも特徴。
自動車バイクなどの購入資金のみならず、運転免許証取得の資金車購入のオプションや諸費用の代金などの使い道でもOKです!
そのほか、マイカーローンの借り換えや車検修理費用としても使えます。

 

ネット完結

住信SBIネット銀行の自動車ローンはネット銀行のサービスですから、当然申し込みはインターネットから。
契約までのすべてがネットで完結するので来店の必要はありません

 

詳しい流れは後述しますが、仮審査の申し込みから書類の提出、本審査の申し込み、契約まですべてインターネットでできるため、銀行に足を運ぶ暇のない多忙な人、面倒くさがりな人には便利でしょう。

 

借入金額と借入年数

住信SBIネット銀行の自動車ローンの借入金額は10万円〜1,000万円
借入年数は1年〜10年までOKです。

 

借入金額が100万円までならば、収入証明の提出は不要となります。

 

さらに、繰り上げ返済が1円から可能なのも嬉しいポイント。
何度でも手数料は無料なので、多めに返したいタイミングに水を差されることはありません!

 

住信SBIネット銀行の自動車ローンの目次へ

住信SBIネット銀行の自動車ローンの申し込みの流れ

申し込みの流れを徹底解説

住信SBIネット銀行の自動車ローンを利用する前には、申し込みの流れを知っておきたいところです。
順を追って、解説していきましょう。

 

仮審査の申し込み

住信SBIネット銀行の自動車ローンは、買う車が正式に決まっていなくても、仮審査を受けることが可能です。

 

口座開設もまとめて申し込めるので、まだ住信SBIネット銀行の口座をもっていなくても問題ありません。

 

なお、仮審査だからと言って大体の金額でいいやと適当に借入希望金額を書いてしまうのはNG
実際に借りたい金額で仮審査を申し込みましょう。

 

仮審査後にやっぱりもうちょっと借りたいな……と思っても後から増額することはできませんから、仮審査の時点で金額の目安だけは慎重に見定めておきましょう。(減額はできます)

 

仮審査の結果通知

仮審査の申し込み後、2営業日以内に結果が通知されます。
通知方法はメールと、住信SBIネット銀行のサイトにログインして見られるメッセージボックスです。

 

仮審査後に利用をやめたい場合、住信SBIネット銀行のサイトよりキャンセルが可能です。

 

正式審査(本審査)の申し込み

契約書類の画像

仮審査に通過したら、指定された期限内に正式申し込みをしましょう。
現在は期限として90日間が設定されており、その期限内に借り入れ手続きを完了しないと取り下げになってしまいますから、あらかじめ必要な書類をチェックし、用意しておくようにします。

 

正式申し込みには、

1 目的ローン正式審査書類送付シート
2 自動車関連費用の金額と使い道が分かるもの(注文書や見積書)
3 支払先の金融機関名、支店名など振込先、振込金額が分かるもの

が必要となります。
詳細をしっかりと確認して準備しましょう。

 

借り入れの金額が100万円を超える場合には、収入を確認する書類も必要となります。
収入を確認できる書類は、源泉徴収票や所得証明書、給与明細書、確定申告書などです。

 

正式申し込みでの書類提出方法は、
・PCやスマホから画像データをWEBアップロード
・郵送による提出
の2種類があります。

 

WEBアップロードの場合、WEBアップロードサイトに事前に登録を行ったうえで、デジカメやスマホ、携帯電話などで撮影をした提出書類を画像データとして保存し、提出しましょう。
アップロードは一度しかできないので、提出漏れには注意してください。
WEBアップロードは、10ファイルまで利用できます。

 

ブレがあると読み取れませんから、文字がはっきりと読み取れるかどうか、あらかじめ確認してからアップロードしましょう。

 

郵送の場合には、公式サイトから宛名ラベルを印刷し、所定の封筒に貼って使用しましょう。
必要書類は漏れなく封筒に入れてください。
入れ忘れがあると、そのぶん申し込みに時間がかかってしまいます。

 

正式審査の結果通知

書類の提出が済むと、いよいよ正式審査(本審査)となります。

 

正式審査では職場への在籍確認も行われますので、そのつもりでいましょう。
在籍確認が取れないと、審査落ちになる可能性があります。

 

在籍確認は、住信SBIネット銀行のほかに保証会社からも行われることがあるようです。
保証会社はあの株式会社JCBですが、いずれにせよ、個人名を名乗って勤務先に電話連絡されることに変わりはありません。

 

審査が終わったら、メールと住信SBIネット銀行のサイトのメッセージボックスにて結果が通知されます。

 

契約手続

住信SBIネット銀行の公式サイトへログインし、契約、振込先登録を行いましょう。
借り入れしたい日の3営業日前までに済ませてください。

 

その際、支払先へのお金を払いきれるだけの自己資金をしっかり口座に準備しておくことが重要です。
不足していると希望日に振り込みが実行されなくなってしまいます。

【例】80万円借りて100万円の車を買うなら、あらかじめ口座に20万円の自己資金をいれておく

 

もし契約手続きの入力を誤ってしまった場合は、速やかにカスタマーセンターへ相談しましょう。

 

融資実行

口座への融資金入金、そして自己資金と融資金を合計した金額が、依頼先に振り込まれます。(これらすべて住信SBIネット銀行が行ってくれます)
これで、自動車販売店への支払いは完了!
あとは計画的に、住信SBIネット銀行に返済していくだけです。

 

ちなみに、住信SBIネット銀行に仮審査の申し込みをしてから融資実行までは通常2週間程度かかります。
同時に口座開設をおこなったり、申し込みが混雑していたりすると3週間ほどかかることもあるので、時間に余裕を持って手続きを進めましょう。

 

 

なお、振込が終わるとホッとしてしまいがちですが、住信SBIネット銀行のサイトへログインし、しっかりと入出金明細を確認しておくことをおすすめします。
何か問題があった場合には、速やかにカスタマーセンターに問い合わせをしましょう。

 

住信SBIネット銀行の自動車ローンの目次へ

住信SBIネット銀行の自動車ローンの審査

審査では何を見られるのか

住信SBIネット銀行の自動車ローンを利用したいけど、審査はどうなってるのだろう?
と気になる人もいると思います。

 

どんなローンであっても、まずは審査に通らないことには始まりません。
審査でチェックされるのはどのような点なのか、申し込み条件はどうなっているのか、詳しく見ていきましょう。

 

利用条件

住信SBIネット銀行の自動車ローンに申し込めるのは、
・申込時の年齢が満20歳以上、完済時に70歳未満
安定、継続した収入があり、保証会社の保証を受けられること
という条件を満たす人です。

 

住信SBIネット銀行の自動車ローンは、パートやアルバイトでも申し込みができます。
他の審査項目もふまえた上で判断されるので、必ず利用できるとは言い切れませんが、条件を満たしていれば審査に通る可能性があるでしょう。

 

同様に、自営業の人も申し込みが可能です。

 

しかし残念ながら、専業主婦、学生さんは住信SBIネット銀行の自動車ローンを利用できません。
パートやバイトを始めてしばらく継続すれば、主婦や学生でも審査通過の可能性が生まれるので、まずは自分で収入を得ることから考えましょう。

 

審査でチェックされる点

これがすべてではありませんが、一般的にローン審査では、
・勤務先
・年収
・勤続年数
といった重要項目のほか、
・家族構成
・住居の形態や居住年数
などもチェックされます。

 

少なくとも1年以上の勤続年数があり、継続して安定した収入を得ていると審査では好印象になります。

 

そのほかに大事な点は、金融事故を起こしていないかどうか、つまり、ブラックでないかどうかという点です。
金融事故というのは、借金(各種ローンやクレジットカード、カードローンなど)の返済を長期間滞納してしまった、債務整理をしたなどのケースを指します
携帯電話料金の延滞や強制解約なども、本体代金を分割払いで支払っている場合にはその旨(延滞、強制解約など)が金融事故として登録されてしまいます。

 

これらのような情報は、信用情報機関を調べれば全て分かってしまいます。
ローン、クレジットカード発行などの審査では、必ず信用情報が調べられますから、事故情報が消えていない場合は審査には通らないと思っておきましょう。

 

長期の延滞や債務整理では、5年程度ブラックの状態のままとなります。
債務整理の中でも自己破産した場合には、10年程度はその記録が消えないと思っておいた方が良いでしょう。

 

さらに、金融事故が無くても短期間(1か月程度の間)に複数のクレジットカードやローン、カードローンなどに申し込みをしていると、自動車ローンの審査に落ちる可能性が高いです。
短期間に申し込みを行うということは、それだけお金に困っている、1社から多く借りられない理由があるなどと判断されてしまいます。
そのため、短期間で複数の申し込み履歴が信用情報機関に登録されていると、自動車ローンを組む際にはいい印象を持たれません。
この行為は「申し込みブラック」などとも呼ばれ、ローンやクレジットカードなどの審査に通らない可能性が高くなりますから注意しましょう。

 

住信SBIネット銀行の自動車ローンの目次へ

住信SBIネット銀行の自動車ローンのキャンペーン

お得なキャンペーンを知りたい

住信SBIネット銀行の自動車ローンには現在、条件を満たしていると金利が低くなるキャンペーンがあります!
逆に言えば低い金利が適用されるためには、これらのいずれかの条件を満たしていることが必須と言えます。

・仮審査申し込みの前日の時点で住信SBIネット銀行に住宅ローンの残高がある場合は金利が1.0%割引
(ただし、フラット35、フラット35ミスターパッケージローンは対象外となります)
・仮審査申し込みの前日の時点で、住信SBIネット銀行のカードローンを利用していると金利が0.5%割引
・仮審査に申し込みの時点でSBI証券の口座の保有登録をしている場合には金利が0.5%割引

 

それぞれのサービスは、重複して受けることはできません。
1.0%と0.5%の条件に当てはまる場合でも、最大で1.0%の金利引き下げとなります。

 

そのほか、随時行われているキャンペーンなどと組み合わせれば、さらに金利がお得になる可能性もありますよ。

 

住信SBIネット銀行の自動車ローンの目次へ

住信SBIネット銀行の自動車ローンの評判

みんなの意見を聞きたい

住信SBIネット銀行は、「三井住友信託銀行」と「SBIホールディングス」が出資してできたネット銀行です。
どちらも大手ですから、ネット専業銀行の中でも信頼感や安心感が違います。

 

申し込みから融資までがネット完結するため、銀行に足を運ぶ暇のない方にとっては本当に便利だと評判です。

 

基準金利は年2.775%〜3.975%(2019年10月現在)。
所定の条件をクリアすればさらなる金利引き下げも可能ですが、それでなくとも、比較的低めの金利が適用されればディーラーローンよりかなりの低金利で自動車ローンが利用できるため、金利の面でも評判は良いようです。

 

さらに、100万円までの借り入れなら収入証明がいらず手軽な点も、評判の良い理由と言えるでしょう。

 

また、評判なのは申し込み時だけではありません。
繰り上げ返済は何回おこなっても手数料がかからず、1円単位で選択することができます。

 

多めに返すたびに高い手数料を取られることがないという安心感は、返済が始まった人からの良い評判を集めている要因と言えるでしょう。

 

住信SBIネット銀行の自動車ローンの目次へ

住信SBIネット銀行の自動車ローンの口コミ

 

実際に住信SBIネット銀行の自動車ローンを利用している人は、どのように感じているのでしょうか。
住信SBIネット銀行の自動車ローンに関する口コミを募集したところ、3つほど集まったのでご紹介します。
(※読みやすさの観点から、内容に影響を与えない範囲で、口調や表現に変更を加えています。また、旧商品名は現在の名称に変更しています。)

 

メガネをかけた若い男性のイラスト

・20代男性
元々は、貯金をして、欲しい車が買える額が貯まったら購入するつもりでいました。
でも、ありがたいことに彼女ができたのでデートに使う車が今すぐ欲しくなり、結局、貯めたお金を頭金にしてローンを組むことにしました。
ローンは、車の販売店(ディーラー)でそのまま組むものと思っていましたが、銀行のような金融機関で低金利のマイカーローンを扱っていることを知り、そちらの利用を考えることにしました。
自分で手続きを進めないといけない面倒さは感じましたが、そこをネット銀行にすれば、いちいち店舗に出向く必要も時間帯を気にする必要もないと思ったので、ネット銀行の中から、名前を知っていて金利も安かった住信SBIネット銀行の自動車ローンを選びました。
申込書類はネットで写真を送る形で提出できて簡単でした。
また、私が借り入れたのは80万円くらいだったので、収入を証明する書類はいらず、手間が省けた点も良かったです。
金利については文句なしなので、面倒なことが嫌いな人にお勧めです。

 

こどもと遊ぶお父さんのイラスト

・30代男性
子どもができてミニバンに乗り換えたくて、自動車ローンを検討し始めました。
子どもにもお金がかかるから金利は安い方が良かったので、住信SBIネット銀行の自動車ローンを利用してみることにしました。
私の場合、130万円を3年で返済することにしました。
修理だとか諸費用、付属品なんかの費用としても使えるようで、便利だと思います。
私は借り入れのときにかかる事務手数料分も一緒に借りました。
車を買う時って意外と予定外のお金がかかってしまうこともあるので、多めに見積もっておいて借り入れをしておいても良いかもしれません。
ネットから申し込みができる仮審査も、早めに結果がわかるので便利だと思います。
あと、余裕があるときにはどんどん繰り上げて返済を進めたいと思うタイプの私には、繰り上げ返済の手数料が無料なのがとても助かっています。

 

スマホを持った初老の男性のイラスト

・50代男性
以前から住信SBIネット銀行を利用しており、このたび車の買い替えで自動車ローンを組むにあたり、住信SBIネット銀行の自動車ローンを選択した。
すでに住宅ローンを利用しており、金利が1.0%引き下げになるのでお得感あり。
今どきはスマホで楽に申し込めるとあって、私のような会社員には助かる仕様。
時間が作れさえすれば、銀行に行くことは造作もないが、行かなくて済むのであれば、それに越したことはない。(当然ながら)
ネットでの契約に際して、特に難しいことなどはなかった。私にできるなら、誰でもできるだろう。
審査は早かったが、借入までの時間がもう少しなんとかなれば理想的だった。金利は安く、満足しています。

 

住信SBIネット銀行の自動車ローンの目次へ

 

住信SBIネット銀行の自動車ローンは、
基準金利が年2.775%〜3.975%(2019年10月現在)と低く、条件次第でさらに金利が下がるお得な自動車ローン。

 

なんと言っても、インターネットで仮審査申し込みから契約までが完結してしまう点が魅力でしょう。
そして、繰り上げ返済手数料0円も見逃せません。

 

ディーラーのローンの金利よりも安い金利で借りれる可能性が高いので、興味のある人は利用を検討してみるのもおすすめです。

 

自動車ローン比較トップページへ戻る