自動車ローンの借り換え手続きはおすすめ!その理由を詳しく解説

MENU

自動車ローンの借り換えについて詳しく解説

「毎月払っている車のローンが高い気がする」
「自動車ローンの負担を少しでも減らしたい」

 

そんな人たちにおすすめな手段のひとつが「自動車ローンの借り換え」です。

 

自動車ローンの借り換えが上手くできれば、今からでも、車のローン費用を抑えることができます。

 

この記事では、借り換えをするために役立つ情報をまとめてみたので、よければ参考にしてみてください。

自動車ローンの借り換えとは

 

借り換えとは、いま利用している借入先から、より条件の良い別の借入先に乗り換えることです。

 

借り換えという手段は、自動車ローンの他にもさまざまなローンで利用できますが、借入先によって条件が大きく異なる自動車ローンにおいては、よく利用されるテクニックです。

 

具体的な借り換えの効果としては、

・金利が低くなる
・月々の返済額や返済期間を見直せる
・使い勝手が改善される

といったものがあります。

 

一般的に、マイカーローンは100万円以上を借りて、5年ほどかけて返済するもの。
そのため、1%でも金利が違うと、支払う総額が大きく変わります。

 

ローンを組んだ当初は問題なく返済できても、数年後に生活が苦しくなることもありますよね。
そんな時、借り換えをすることで金利を抑え、月々の返済額を下げることも可能なんです。

 

ローンを返済していくに当たって、借り換えは重要なテクニックだと言えるでしょう。

 

目次に戻る

マイカーローンの借り換えのメリット

ローンはどこで組んでも変わらない?

 

車の購入を決めてローンを組む時、事前に多くの銀行のマイカーローンを検討してから決めるという人はさほど多くないのではないでしょうか。

 

手続きが面倒で全部ディーラーに任せてディーラーローンを組んでしまったり、いつも利用している銀行のマイカーローンでいいや、という感じで金利などをさほど気にせずに決めてしまったりするケースが多いと思います。

 

でも実は、
「どこでローンを組んだってさほど変わらないだろう」と考えてしまうのはとてももったいないです。

 

もしかして自分が利用している自動車ローンの金利は高いのではないか?と疑問を感じるなら、面倒でもぜひ自動車ローンの見直しをしてみることをおすすめします。

 

先ほど、借り換えによるメリットを記載しましたが、車のローンの借り換えにおける大きなメリットは、以下のようなものです。

・金利が下がる
・ディーラーローンからの借り換えの場合、名義・所有者が自分になる

 

では、それぞれ解説していきます。

 

金利が下がる

今よりも金利の安いマイカーローンに借り換えることによって、支払いの負担を減らせるケースもあります。

 

ディーラーローンの金利は、年5%程度のものが多いです。
一方、銀行のマイカーローンは、年3%程度の商品が多く、中には年2%台の金利を適用してくれるものもあります。

 

のちほど詳しく図で示しますが、数%の金利の差でも支払総額には数十万円も差が出てしまうことがあります。
なので、自動車など高価な商品をローンで買うときは、金利を重視することが肝要です。

 

ディーラーローンからの借り換えの場合、名義・所有者が自分になる

名義が違うってどういうこと

 

ディーラーローンでは、ディーラーと提携している信販会社などでローンを組むこととなります。
この場合、車の所有者(名義)はディーラーや信販会社のものとなり、自分の車でありながら自分の名義ではないという状態になります。

 

一方で銀行などのマイカーローンで自動車ローンを組む場合、所有者(名義)は自分になります。

 

ディーラーローンで自動車ローンを組んで所有者(名義)がディーラーなどになっている場合、勝手に車を売却することができません。
売却するには所定の手続きが必要となり、手間がかかってしまいます。

 

しかし、銀行マイカーローンの場合、名義が自分なので、簡単に売却ができます。

 

このような面もふまえた上で、借り換えを検討したいですね!

 

目次に戻る

マイカーローン借り換えのデメリット

 

メリットもデメリットも知ろう

 

今の自動車ローンよりも金利が安い自動車ローンに借り換えれば、メリットしかないように感じてしまいますよね。しかし、借り換えにはデメリットも存在します。
デメリットとして、

・手間がかかる
・借り換え先の審査を受ける必要がある
・借り換え先の銀行の口座開設が必須のところもある

といったことが挙げられます。

 

それぞれ解説していきます。

 

手間がかかる

オートローン借り換えのデメリットといえば、やはり手間がかかることでしょう。
借り換えをしたい金融機関をいくつかピックアップし、先ほどお話した手数料や諸費用なども考えた上で一番お得になるものを選び出す作業は、やはり楽なものではありません。
なかなか重い腰が上げられないという人もいると思います。

 

そこで利用してほしいのが、当サイト『自動車ローン比較』です。
さまざまなマイカーローンの情報を解説していますし、この記事の後半では、おすすめの借り換え先も紹介しています。
ぜひ参考にしていただければと思います!

 

借り換え先の審査を受ける必要がある

借り換えをするときは、金融機関で審査を受けなければなりません
ローンを組んだことがある人は分かると思いますが、ローンの審査に必要な書類を集めるのはなかなかの手間ですし、審査が通るかどうか待っている間、不安な気持ちでいなければなりません。

 

そして今まで利用していた自動車ローンを繰り上げ返済しなければならないという手間もあります。

 

借り換え先の銀行の口座開設が必須のところもある

銀行によってはマイカーローンの申込み条件に、その銀行の口座を持っていることを条件にしているところもあります。
その場合は、開設の手続きをする必要があります。

 

ローンの引き落としが普段使っている口座ならまだいいですが、借り換え先の銀行口座だと管理が大変になってしまいます。

 

目次に戻る

借り換えには各種手数料もかかる

手数料も含めて考えて

 

上記のデメリットに加えて、借り換えをする時に気をつけて欲しいポイントは「手数料がかかる」ということです。

 

自動車ローンの借り換えを行うと、もともと利用しているローンの繰り上げ返済時にかかる手数料や、新しくローンを組む際に必要な諸費用、保証料などがかかってきます。
これらの手数料もふまえた上で、借り換えでどの程度お得になるのかを総合的に判断する必要があるでしょう。

 

せっかく借り換えをしたのに、手数料や諸費用のせいで結局ほとんどお得にならなかった!
なんてことにならないよう、あらかじめ手数料などの情報は調べておくと良いですね。

 

目次に戻る

借り換えの手続きの流れ

先ほど触れたように、借り換えを行うためには、新たな借入先となるマイカーローンの審査に通ることが大前提となります。
借り換えを実行する前に、仮審査の申し込みや借り換えまでの流れについて見ていきましょう。

 

借り換えも審査に通る必要あり

まずは自分を見直して

 

借り換えの審査の時には、

・これまでの自動車ローンをしっかり返済できていたかどうか
・カードローンやクレジットカードの延滞などが無いかどうか

などという点が参考にされます。

 

もちろんそれだけで決まるわけではありませんが、まず延滞などが無いことは大前提です。
もし自動車ローンやクレジットカードなどの延滞があり、これらの点に問題がある場合には、借り換えが難しい可能性が高いです。

 

仮審査に申し込もう

問題が無さそうなら、借り換えをしたい金融機関に仮審査の申し込みをしましょう。
最近ではインターネットから申し込みができる金融機関も多くなっていますし、仮審査をして気に入らなければキャンセルできるマイカーローンも多くなっています。
まずは気軽に仮審査を申し込んでみましょう。

 

数日から数週間で、仮審査の結果が出ます。
仮審査に通過したら、本審査の申し込みを行いましょう。

 

いよいよ契約!

契約の握手

 

晴れて本審査を通過したら、契約を行います。
事前に契約に必要な書類などを確認しておきましょう。
ネットや郵送で契約が完結するマイカーローンなら、忙しくて金融機関まで足を運ぶ時間がない人にも便利です。

 

その後、いま利用している借入先に、繰り上げ返済の申請をしましょう。

 

借り換えを行う

借り換え先の金融機関から、今まで自動車ローンを組んでいた金融機関へ残高が支払われ、今まで組んでいた自動車ローンを完済します。
そして新たに、新しく契約した金融機関へマイカーローンの返済を行っていくことになります。

 

金利とともに毎月の返済額が下がっていることを実感できるでしょう。

 

目次に戻る

申し込み前に借り換えシミュレーション!

借り換えを検討する女性

マイカーローンの借り換えをする時は、金利がどのくらい違うのか確認する必要がありますよね。
とはいえ、自分で金利の違いを計算するのはとても大変です。
そもそも計算方法がよく分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

そのような人に便利なのが、マイカーローンを扱う銀行や中古車販売のサイトなどに用意されている「ローンシミュレーション」です。
借り入れの金額、ボーナス月に支払う金額、金利、返済年数などを入力するだけで、自動的に返済の総額や月々の支払額などが出てきます。
なかには、借り換え前後の自動車ローンの条件を比較できるローンシミュレーションもあり、自動車ローン借り換えの検討には非常に便利です。

 

シミュレーションを利用してみると、
「こんなに安くなるんだ!」
「思ったほどでもないな・・・」
などといったことが一目瞭然。
まずは気軽に、借り換え先として気になる銀行などでローンシミュレーションを行ってみてください。

 

このあと紹介する、三菱UFJ銀行のネットDEマイカーローンの公式サイトからも、ローンシミュレーションが利用できますよ。

 

目次に戻る

おすすめは三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」

今利用しているローンの金利が高いと感じている人には、三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」がおすすめ。
日本の3大メガバンクである三菱UFJ銀行は、銀行の規模が大きいので、安心して利用できますよね。

 

 

ネットDEマイカーローンの通常金利は年2.975%と銀行マイカーローンの中でも低金利。
さらに現在はキャンペーン中のため、年1.50%~2.45%という魅力的な条件で利用することができます。

 

月々の返済額の差は少なくても、最終的には大きな差に!

 

最終的な差

 

下の表で、ネットDEマイカーローンと一般的なディーラーの支払額を比較してみました。
借入金額     :200万円
ボーナスでの支払い:なし
返済期間(回数):6年(72回)

金利 月間支払額 総支払額

ネットDEマイカーローン
(キャンペーン金利・年2.45%)

29,897円 2,152,600円

一般的なディーラー
(年5%)

32,209円 2,319,108円

ローンシミュレーションを利用して、借り換えで月々に安くなる金額が数千円だった場合「その程度のために借り換えるのは面倒だ」と思ってしまう人もいるかもしれません。
しかし上の表を見て分かる通り、、最終的には数十万円の違いが出てくることになります。

 

返済額を下げずに返済期間を短くすることもできる

「べつに今の返済額で問題ないし...」と思っている人もいるかもしれません。

 

返済額に不満がない人でも、借り換えをするメリットはあります。
それは、完済するまでの期間が短くできるということです。

借入金額     :200万円
ボーナスでの支払い:なし

金利 月間支払額 借入期間

ネットDEマイカーローン
(キャンペーン金利・年2.45%)

32,421円

5年6か月
(66回払い)

一般的なディーラー
(年5%)

32,209円

6年
(72回払い)

このように、同じくらいの月間返済額でも、金利が低くなることで、半年も早く完済できるようになります。

 

ネットDEマイカーローンを選ぶメリットは金利だけではない!

 

低金利で借り換えができる三菱UFJ銀行のネットDEマイカーローンには、それ以外にも多くのメリットがあります。

 

具体的には、以下のようなものです。

・仮審査の結果は最短即日回答
・返済日を6つから選択できる
・WEB契約なら印紙代0円
・繰上返済手数料無料(ネット口座からの手続きのみ)

 

ローンを組むときに見落としがちな返済日。
給料日後に返済したい人も多いのではないでしょうか。

 

ネットDEマイカーローンでは、返済日を1・6・11・16・21・26日のどれかから選択ができます。
これだけの選択肢があれば、給料日直後に返済できるので、お金の管理も楽になりそうです。

 

余計な手数料も発生しないので、お得に借り換えができる上、ネット口座「三菱UFJダイレクト」を使えば繰上返済手数料もかからないのは助かりますね。

 

“ネットDE”とあるように、申込から契約までネット完結できるので来店する必要もなく、忙しい人でもスムーズに借り換え手続きを進められます。

 

詳しく知りたい人は、三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」公式サイトをみてみましょう。

 

また、当サイトの三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」の解説記事も参考にしてみてくださいね。

 

目次に戻る

地方銀行なども視野に入れてみる

 

自動車ローンを選ぶ時には、やはり知名度の高い三菱UFJ銀行といった大手銀行を検討する人が多いでしょう。
しかしここで目を向けてみて欲しいのが、地方銀行です。

 

例えば、

・筑波銀行:つくばマイカーローン
・横浜銀行:マイカーローン
・福岡銀行:ニューオートローンDX

といった地方銀行のマイカーローンでも借り換えに対応しています。

 

この3つの銀行マイカーローンの金利は以下のとおりです。

筑波銀行マイカーローン 横浜銀行マイカーローン 福岡銀行マイカーローン
年〜3.5% 年〜2.7% 年〜3.3%

また、キャンペーンで金利がさらに優遇されることもあるので、さらに金利が低くなる可能性があります。

 

なかには地方銀行でも全国対応のマイカーローンもある!

 

地方には穴場があるかも

 

「地方銀行って、その地方に住んでいないと利用できないのでは?」
自分の住んでいる地方にはお得なマイカーローンを扱っている地方銀行が無いから検討の余地が無い。
そう考える人も多いと思います。

 

しかし地方銀行が取り扱っているマイカーローンの中には、その地方に住んでいる人だけではなく日本全国から申し込みができるものもあるんですよ。

 

日本全国から申し込めると言われても、その地方銀行に口座も持っていないし、そもそも遠くて契約しに行けないし・・・と心配の人もいると思いますが、大丈夫です!

 

全国対応の地方銀行の自動車ローンの場合、Webや郵送だけですべての申し込みが完結するものが多いですし、その地方銀行に口座を持っていなくても大丈夫なものも。

 

金利がお得な地方銀行のマイカーローンも意外に多いですから、地方銀行に目を向けないのはもったいないことなのです。

 

先ほど紹介した、福岡銀行、筑波銀行、横浜銀行のマイカーローンは、いずれも利用地域が限られているので、全国から利用できるマイカーローンではありませんが、利用資格がある人については、これらも選択肢に含めてみてほしいと思います。

 

今組んでいる自動車ローンよりお得なマイカーローンが見つかる可能性が広がっていくかもしれません。

 

以下、当サイトに用意しているそれぞれの地銀マイカーローンの解説記事も、よければ読んでみてください。

 

 

目次に戻る

auユーザーなら、じぶん銀行カードローンも選択肢に

 

auを使っている人なら、じぶん銀行の名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

じぶん銀行では、マイカーローンの用意はありませんが、カードローンをマイカーローンのように使うことができます。
auユーザーの人が借り換えをする場合、金利が年0.5%優遇され、年率12.5%〜1.7%となります。

 

残念ながら、三菱UFJ銀行のネットDEマイカーローンの金利よりも高くなってしまいます。
しかし、じぶん銀行カードローンの場合は、借入目的の制限はありません。

 

本来はカードローン商品なので、車に関係のない急な出費が発生したときにも、追加で借り入れができるのです。

 

また、金利が高い分、低金利のマイカーローンよりも審査に通過する確率が高くなります。
三菱UFJ銀行のネットDEマイカーローンの審査に通過する可能性が低い場合は、じぶん銀行カードローンでの借り換えも検討してみるのも良いかもしれませんね。

 

詳しくはについは、じぶん銀行カードローンのマイカーローン利用に関する解説記事を参照していただければと思います。

 

目次に戻る

自分に合ったローン返済を見つけよう

 

数年間かけて返済していかなければならない自動車ローン。
特に、収入が変動した場合や住宅の購入などと自動車ローンの返済時期が重なってしまう場合などには、負担を減らしたいと考える人が多いでしょう。

 

少しでも月々の自動車ローン返済の負担を減らしたい人は、借り換えに利用したい金融機関のサイトなどで、ローンシミュレーションを積極的に行ってみてくださいね。

 

自動車ローン比較トップページへ戻る