セディナには個人向けマイカーローンもある!金利は高い?

MENU

セディナには個人向けマイカーローンがある!金利は高い?

セディナのマイカーローン

クレジットカードで有名な信販会社セディナでは、車の購入に関するローンとして「マイカーローン」「オートローン」の2つを提供しています。

 

このページでは、ディーラーを通さずに直接セディナと契約を結ぶ“マイカーローン”の金利や審査のポイントなどを解説します。
ディーラーを窓口として契約を結ぶ“セディナオートローン”の解説記事も別途用意しているので、興味がある人はチェックしてみてください。

セディナのマイカーローンとは

車の購入という目的のために融資を受けるのが「マイカーローン」ですが、いくつか種類があるのをご存知ですか?
代表的なものには。以下の2種類があります。

 

銀行系マイカーローン
⇒銀行と個人の間で直接契約を交わします。金利が安いというメリットと、自分で契約手続きを進める手間がかかるというデメリットがあります。

 

ディーラー系オートローン
⇒信販会社が提供するローンですが、車の販売店を通して契約します。手続きが簡単で審査も比較的緩い一方、仲介手数料によって金利が高くなってしまいます。

 

主に車に関するローンというとこの2つが主流ですが、今回ご紹介する“セディナの個人向けマイカーローン”は、このどちらとも少し違う、珍しいマイカーローンとなります。

 

そもそもセディナという企業は銀行ではなく、クレジットカードなどをメインに取り扱う信販会社
なので、セディナがメインで提供している車関連のローンは、ディーラー(販売店)を通して契約する“ディーラー系オートローン”ということになります。

 

オリコやジャックスといった他の信販会社でも、同じようにオートローンを取り扱っていますね。

 

これらの信販会社の公式サイトには、オートローンの返済プランの紹介こそ記載されているものの、金利に関する詳細な情報はありません。

 

「詳しくは販売店に問い合わせください」
「詳細なプランについては販売店でご相談ください」
といった文言が書かれており、公式サイトから直接契約を結ぶことはできない仕組みになっています。

 

その理由については、他の多くのディーラーローンの記事内でも触れているのですが、
「信販会社が決めた金利に、ディーラー(販売代理店)のマージン、つまり仲介料が上乗せされるから」なんです。

 

どれぐらいの仲介料を設定するかはディーラーによって異なりますし、明確な金利を表記してしまえば、上乗せされている金利の予想がついてしまいます。
それはディーラーにとっても、提携している信販会社にとっても、不都合なことなんですね。

 

そういった事情もあって、信販系のカーローンはディーラーを介さないことには契約ができないものが主流です。

 

ところがセディナでは、銀行系マイカーローンと同じように個人向けのマイカーローン商品も、オートローンとは別に提供しています。
ディーラーを介すのではなく、自分でセディナに申し込んで直接契約するのです。

 

先ほどディーラーローンはマージン分の金利が上乗せされると言いましたが、セディナと個人で直接契約を結べば、その心配はありません。

 

このように、信販会社が個人向けマイカーローンを提供しているケースは非常に珍しく、オートローン業界トップシェアを誇るオリコやジャックスといった信販会社では行われていません。

 

セディナマイカーローンの商品概要

使いみち ・中古車、バイクを含む車体の購入

・車検整備、修理にかかる費用

限度額 5万~300万円
金利 年6.4%~8.4%
最大返済期間 60回(5年)
返済方法

@毎月均等返済
毎月の返済額は原則として初回から最終回まで同じ(端数などの誤差はあり)
Aボーナス併用返済
毎月の返済額とは別に、自分で決めたボーナス返済額を年に2回支払う。ふだんの返済負担を減らすことが可能

ポイント

・金利の範囲が明確
・原則として来店不要

申し込める人

・申込時20歳以上、完済時65歳以下
・原則として勤続1年以上で、安定収入がある

 

この表を見るとわかるようにセディナマイカーローンは、ディーラーで契約するオートローンとは違い、金利や限度額が明確です。
そのような点から言えば、銀行系マイカーローン寄りの商品だと言えるでしょう。

 

金利については、ディーラーを間に入れるよりは安くなりそうですが、銀行マイカーローンよりは高め。
両者の中間ぐらいの水準ですね。

 

セディナマイカーローンの申し込みまでの流れ

信販会社の商品でありながら金利や限度額が具体的な、セディナマイカーローン。
ディーラーの仲介手数料が発生しないかわりに、申し込み手続きは自分で行わなければなりません。

 

とはいえ、ネット社会の現代において、その手続きはとても簡単です。
セディナ公式サイトの案内を参照しながら、確認していきましょう。

 

セディナマイカーローンの申し込みまでの流れの図解

 

【STEP1】
セディナマイカーローンの公式サイトから、必要事項を入力して申し込みをします。
この時点ではまだ、一切の書類は不要です。

↓

【STEP2】
審査(仮審査)が行われ、電話か文書で結果が通知されます。
無事に通過すると、セディナから「くらしのローン申込書」が送付されてきます。

↓

【STEP3】
送られてきた申込書に必要事項を記入し、その他の書類と一緒に返送します。
ここでの必要書類は以下のとおりです。

・くらしのローン申込書
・本人確認書類(免許証や健康保険証)のコピー
・収入証明書類(源泉徴収票か確定申告書か納税通知書のコピー)
・資金使途証明書類(見積書や契約書のコピー。後日の提出でも可)

↓

【STEP4】
書類確認(本審査)が完了したら、こちらが指定した口座への融資が行われます。
その際の振込手数料は、初回返済分に加算されます。

 

セディナマイカーローンの目次に戻る

セディナマイカーローンの金利は高い?低い?

どんなローンを組むうえでも重要なポイントとなるのが「金利」です。

 

セディナマイカーローンの金利は、同じセディナのオートローンと比較すると、おそらく低くなるでしょう。
「おそらく」と言ったのは上述のとおり、ディーラーを介して利用するオートローンの金利には仲介マージンが上乗せされてしまうからです。

 

筆者がネット上の口コミなどをリサーチしたところでは、セディナのオートローンの平均金利は9.5%以上。
なかには10%を超える金利が適用されたケースも見受けられました。

 

知恵袋の例@の内容を参考にすると、セディナのオートローンで150万円を金利9.8%で利用している質問者に対し、「金利高いですね。その金利だと車屋がセディナからキャッシュバックを受けています。」と答えているカテゴリーマスターがいらっしゃいます。
つまりこのキャシュバックが、仲介マージンということですね。

 

その点、セディナマイカーローンは最高金利でも8.4%
少なくとも金利面では、ディーラーを通したオートローンよりも安心して利用できるのではないでしょうか。

 

ただ、そんなセディナマイカーローンであっても、さすがに銀行が提供するマイカーローンの金利にはかないません。
例として、全国からネット申し込みで利用できるものをいくつかあげると、

どれも、セディナのマイカーローンより大幅に金利が低くなっていることがわかります。

 

もちろん、これらは条件が良いぶん審査は厳しめで、なかでも特に低金利な損保ジャパンのジャパンダ・ネットマイカーローンは、年収280万円以上でないと申し込むことができません。

 

ですが、静岡銀行と住信SBIネット銀行のローンであれば、バイトやパートといった身分の人でも申し込みが可能。

・勤続年数1年以上
・年収150万円以上
・過去にクレカやスマホ料金の支払い遅れがない

これらの条件を満たせば、かなり審査通過の可能性は高いでしょう。(借入額によっては、審査落ちの可能性もゼロではありませんが)

 

いずれのマイカーローンも、書類の手配だけすれば、あとはすべてネット上でカンタンに手続きを進められるようになっています。
気になるローンがあれば、いちど検討してみてもよいかもしれません。

 

知恵袋の例Aの質問者がセディナから住信SBIネット銀行の自動車ローンへの借り換えを検討しているように、この2つのマイカーローンは借り換えにも対応できます。
ですが、あとから借り換えるよりも、初めから銀行でローンを組んだがほうお得であることは確かです。

 

セディナマイカーローンの目次に戻る

セディナマイカーローンの審査の難易度

審査の難易度については、オートローンでもマイカーローンでも同じセディナなので大きな違いはないと推測されます。

 

ただ、金利の範囲が決まっていないオートローンの場合は、「この金利なら審査に通過できます」という返答も期待できる反面、すでにセディナが金利の範囲を設定しているマイカーローンの場合は、その審査基準を自分がクリアできるか否かの2択となってしまいます。

 

セディナが設定する審査基準はそれほど厳格ではないでしょうが、よほど自身の経済力や信用情報に不安がある場合は、あるていど柔軟なオートローンを選ぶのもアリかもしれません。

 

なお、金利の解説パートでも触れたように、セディナより金利の低い銀行系のマイカーローンはやはり、審査のハードルも高めに設定されている傾向にあります。
繰り返しになりますが、

・勤続年数1年以上
・年収150万円以上
・過去数年の間にクレカやスマホ料金の支払い遅れがない

これらを満たせるかどうかが、銀行マイカーローンの審査通過の分かれ目となりそうです。

 

自信がない人は地道にこれらの条件を満たしていったり、オートローンの利用を検討したりしましょう。

 

セディナマイカーローンの目次に戻る

マイカーローンを選ぶメリット

ディーラーを通して契約をするオートローンではなく、個人と金融機関で直接契約をするマイカーローン。
その大きなメリットのひとつが『所有権』です。

 

オートローンの契約では、車を担保にお金を借りるような形式がとられ、ローン完済までは車の所有権がディーラーに残ります。
返済が滞る・連絡が取れなくなるなどの事態が発生した場合、所有権を持つディーラーが車を回収できるようになっているのです。

 

一方のマイカーローンは、金融機関からお金を借りてはいるものの、ディーラーに対しては一括払いで車を購入した形になります。
そのため、車の所有権は購入当初から、自分のもとにあるのです。

 

だからこその「マイカー」ローンであり、改造も売却も、好きなタイミングで自由に行うことが可能となります。

 

縛りがないという意味で、これを大きなメリットと考える人は多いです。
車のローンを利用する際は、この点もよく理解しておくようにしましょう。

 

セディナマイカーローンの目次に戻る

セディナマイカーローンのまとめ

セディナマイカーローンの解説は以上となります。

 

信販会社であるセディナのマイカーローンは、一般的な銀行系マイカーローンより高い金利ではありますが、ディーラーを通して契約するオートローンと比較すると、金利や所有権の面などでメリットが大きいことがわかりました。

 

セディナオートローン利用を考えている人は個人向けマイカーローンまで、
セディナマイカーローンの利用を検討するなら銀行マイカーローンまで選択肢に含めてみることをおススメします。

 

 

自動車ローン比較トップページへ戻る