みずほ銀行マイカーローンは新車・中古車どちらも使える?金利・審査を他社と比較

MENU

みずほ銀行マイカーローンは新車・中古車どちらも使える?金利・審査を他社と比較

みずほ銀行マイカーローン

みずほ銀行マイカーローンとは

実は、みずほ銀行には現在「マイカーローン」という名前の商品はありません。
しかし、車を買うときにみずほ銀行のローンが利用できないのかというと、そういうわけではないのです。

 

みずほ銀行には「多目的ローン」という商品があります。
この多目的ローンの使い道は原則自由となっているため、自動車ローンや旅行の費用、ちょっと値の張る家具や家電を買う時など、さまざまな目的のために使用することができます。
(事業性の資金や有価証券への投資資金、見積書、契約書などで確認ができない資金として使用するのは不可です)

 

つまり、この「多目的ローン」を、マイカーローンとして使用すればよいというわけなのです!

 

というわけで、これ以降に登場する「みずほ銀行マイカーローン」とは、「マイカーローンとして利用する多目的ローン」を指します。
ご了承ください。

 

みずほ銀行マイカーローンの概要や申し込み条件

それでは早速、みずほ銀行マイカーローンの特徴を見ていくことにします。

 

みずほ銀行マイカーローンは、借入金額が10万円以上、最大で300万円まで。
借り入れの期間は6カ月以上、最長で7年となっています。

 

使い道は、原則的に自由。

 

金利は変動金利型と固定金利型の2種類の方式から選択できますが、途中で変更することはできません
数字は定期的に見直されていて、2019年5月時点では変動金利型が年5.875%、固定金利型は年6.600%となっています。

 

現在や過去に、みずほ銀行で証書貸付の利用経験があれば、年0.1%の金利の引き下げを受けることが可能。

 

また、みずほ銀行で現在住宅ローンを利用している方と、すでに完済した方のみを対象にした、住宅ローン利用者専用のお得な多目的ローンも用意されています。

 

続いて、申し込み条件を見ていきましょう。
みずほ銀行マイカーローンに申し込みができる年齢は、満20歳以上満66歳未満で、最終の返済が満71歳未満のうちにできる方となっています。

 

勤続年数2年以上(自営業の場合、事業開始から2年以上)で、前年度の税込み年収が200万円以上の方に限ります。安定、継続した収入があることも条件となります。

 

さらに、保証会社(オリエントコーポレーション)の保証を受けられることも条件の一つとなっています。(担保、保証人不要)

 

みずほ銀行マイカーローンは新車、中古車どちらにも使える?

ディーラーローンなどで中古車を購入すると、新車を購入した時に比べて金利が高くなってしまうことが多いです。

 

では、みずほ銀行多目的ローンをマイカーローンとして利用した場合にはどうなのでしょうか。

 

みずほ銀行の多目的ローンは、マイカーローンとしてだけでなくさまざまな使い道ができます。
ですから、中古車を買ったからと言って金利が上げられてしまうということもありません。

 

新車、中古車どちらを購入する場合にも問題なく使うことができるでしょう。

 

みずほ銀行マイカーローンの金利を他社と比較してみた

みずほ銀行マイカーローンの金利は、変動金利型が年5.875%、固定金利型が年6.600%となっています。(2019年5月現在)

 

メガバンク、地方銀行、農協などのマイカーローンを見ていくと、金利が年2%〜5%程度のところが多数。
ですからみずほ銀行多目的ローンの金利は、多少高めの印象と言えるでしょう。

 

しかし、ディーラーローンの金利は年5%〜8%程度のところが多く、そちらと比べたらお得と言えるでしょう。
特に、ディーラーローンで中古車を買う場合には年10%以上の金利になるケースもあるので、それを考えたらみずほ銀行マイカーローンを利用した方がお得ですね!

 

みずほ銀行での住宅ローン利用者、完済者向けの多目的ローンの場合、変動金利が年3.375%、固定金利が年4.000%となります。
みずほ銀行の住宅ローンを利用している方なら、安い金利で多目的ローンが利用できそうですね。

 

さらに住宅ローン利用者向けの多目的ローンでは、20歳未満のお子さんがいる場合年0.1%金利が引き下げになります。

 

みずほ銀行多目的ローンの金利を他社と比べてみた結果、通常の多目的ローンは他社に比べて少し金利が高めですが、住宅ローン利用者向けの多目的ローンなら、他社と同じくらいの金利と言えそうです。

 

みずほ銀行マイカーローンの審査について

みずほ銀行多目的ローンの申し込み条件は、満20歳以上満66歳未満となっています。
他社のマイカーローンでは申し込み時点で満70歳までOKのものなどもあるので、みずほ銀行マイカーローンの申し込み可能な年齢の条件は少し範囲が狭い印象があります。

 

さらに、
・前年度の税込み年収が200万円以上
・勤続年数が2年以上
といった条件が設けられている点も、他社に比べて多少厳しいと言えます。

 

他社では年収や勤続年数の制限が無いところもあります。
パートやアルバイト、年金収入でも申し込みOKのところもあるので、それを考えると審査基準も厳しいのでは? と思わざるを得ませんね。

 

パートやアルバイトで年収200万円稼ぐのは結構厳しいですから、パートやアルバイトの方はみずほ銀行の多目的ローンを利用するのは難しそう。
また、勤続2年以上でなくてはいけないとなると、新卒で入社したての方は、年収が高くてもローンを組めないことになります。

 

これらを総合的に見ていくと、みずほ銀行マイカーローンの審査は厳しめだと思っておいたほうが良いでしょう。

 

ちなみに、当サイトで紹介しているマイカーローンで同じように年収制限を設けているものとしては、

などがあります。

 

みずほ銀行のライバルでもあるメガバンク三菱UFJ銀行も、同じく200万円以上の年収制限を設けたマイカーローンを取り扱っています。
しかしこちら、みずほ銀行マイカーローンより圧倒的に低金利なのに、勤続年数の制限は1年。
条件だけ見ると、三菱UFJ銀行のマイカーローンの方が優れていることは明らかです。

 

損保ジャパンのマイカーローンに関しても、年収制限は280万円とみずほ銀行以上にハードルが高いですが、勤続年数の条件はなく、金利もとても低いです。
あなたが年収280万円以上なら、真っ先に検討したいマイカーローンと言えるでしょう。

 

 

 

みずほ銀行には現在マイカーローンという名前の商品はありませんが、「多目的ローン」をマイカーローンとして使えます。

 

他社のマイカーローンに比べると多少金利が高めの感が否めませんが、中古車を購入する場合には、ディーラーでローンを組むよりもお得になりそうです。

 

年収や勤続年数の条件が設定されているなど、申し込みの基準は多少厳しめですから、審査も比較的厳しいと思っておいた方が良いかもしれません。

 

自動車ローン比較トップページへ戻る