損保ジャパンの「ジャパンダ・ネットマイカーローン」を徹底解説!

MENU

ジャパンダ・ネットマイカーローンの金利や審査を解説

損保ジャパン日本興亜といえば、多くの人が自動車保険の会社だとイメージするはずです。
でも実は、マイカーローンも取り扱っています。

 

それが、
『ジャパンダ・ネットマイカーローン』
保険会社が提供しているにも関わらず、自動車ローン業界トップクラスの低金利を誇る、注目のマイカーローンです。

 

知られざる損保ジャパン日本興亜のジャパンダ・ネットマイカーローンについて分析したので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

■ジャパンダ・ネットマイカーローンのメリット

・金利は1.9%〜2.85%!上限金利が3%を下回る
固定金利なので安定感抜群
・保証料込みで保証人は不要
・口座開設の必要もなし
フレッシャーズ優遇バイク割引のキャンペーンを実施中
・審査通過後のキャンセル可能で他サービスと比較しやすい
・審査はスピーディーで土日も回答
ネットと郵送だけで契約まで完了するので来店不要
・在籍確認での会社への電話連絡なし

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンの公式サイト

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンの公式サイトを見る

ジャパンダ・ネットマイカーローンの基本情報

どんなローンか知りたい

まずは、損保ジャパンのジャパンダ・ネットマイカーローンの基本情報を表にまとめてみました。
スマホから見ている人は横にスライドしてチェックしてください!

ジャパンダ・ネットマイカーローン

金利 チェック1.90%〜2.85%(固定金利)
借入金額 20万円〜1000万円
借入期間 6ヵ月〜10年
キャンペーン

・フレッシャーズ優遇
・バイク割引
※詳細はこのあと

備考

・保証料込み、審査手数料不要
・来店不要のネット申し込み
・土日でも審査回答
・保証人、口座開設不要
・新車、中古車、バイクにも対応
・在籍確認で会社への電話なし

銀行よりも低金利!

損保ジャパンの『ジャパンダ・ネットマイカーローン』の一番の強みは、なんといっても金利です。
その金利はなんと1.90%〜2.85%

 

車の購入時におすすめされることの多いディーラーローンや、大手銀行のマイカーローンを見渡しても、上限金利が3%を切るマイカーローンはほとんどありません。
文句なしで、低金利といってよいマイカーローンでしょう。

 

しかも、多くのマイカーローンが変動金利制であるなか、損保ジャパンのマイカーローンは固定金利制を導入しています。
適用される金利は、1.90%〜2.85%の範囲から、借り入れ合計金額と借り入れ期間によって以下のように決められ、その後、変動することはありません。

 

【ジャパンダ・ネットマイカーローンの金利】

借入額

金利(固定金利)

20万〜499万円

5年以内の返済

2.0%〜2.80%

5年以上の返済

2.0%〜2.85%

500万〜1000万円

5年以内の返済

1.9%〜2.45%

5年以上の返済

1.9%〜2.55%

この表の金利は基本の値なので、優待を受ければさらに金利を引き下げることも可能です。
2019年7月現在は、「2大キャンペーン」として「フレッシャーズ優遇」と「バイク割引」が実施されています。

 

【フレッシャーズ優遇】
以下の両方に該当すると、適用金利から−0.1%の優遇を受けられる
・申込み時の年齢が満20歳〜満25歳以下
・利用金額が200万円以下の申し込み

 

【バイク割引】
以下の両方に該当すると、適用金利から−0.1%の優遇を受けられる
・排気量が251CC以上のバイクを購入
・利用金額が499万円以下の申し込み

 

これらのキャンペーンはエントリー登録の必要はなく、条件に該当する人には自動的に適用されます。(併用は不可)
キャンぺーンは時期によって内容が異なるため、申し込み前に公式サイトで確認しましょう。

他社ローンと比較すると…

他の会社の金利を比較してみた

ジャパンダ・ネットマイカーローンが高い評価を受けているワケは、やはりこの「銀行にも勝る低金利」です。
ここで実際に、ジャパンダ・ネットマイカーローンの金利を他のマイカーローンの金利と比較し、本当に低金利でお得なのか分析してみます。

 

比較対象は2つです。

 

まずは、自動車販売会社(俗にいうディーラー)で直接契約でき、マイカーローンの定番ともいえるディーラーローン
残価設定型クレジット(残クレ)などと呼ばれるものも、この一種です。
もうひとつは、比較的、低金利であることが人気の銀行系マイカーローンです。

 

それらとジャパンダ・ネットマイカーローンを金利で比較すると、以下のようになります。

 

【マイカーローンの金利比較表】

金利

ディーラーローン

5%〜6%

銀行系マイカーローン

2%〜3%

ジャパンダ・ネットマイカーローン

1.90%〜2.85%

 

ディーラーローンは手続きが非常に簡単で、車体購入と同時にローンも契約できるという手軽さから、多くの利用者がいます。
しかし、各ディーラーによって異なるものの、金利は平均して5〜6%となっており、決して低金利とは言えません。

 

銀行系マイカーローンの平均的な金利は2〜3%で、ディーラーローンと比較すると低金利であることがメリットです。
しかし、

・地方銀行のマイカーローンだと、地域によっては利用できないことがある
・その銀行の口座開設を求められることがある
・審査時間をはじめ、様々な手続きに時間がかかりがち
・銀行特有の厳しい審査基準がある

などのデメリットもあります。

 

車は、豊かな生活のために欠かせないアイテムですが、新車はもちろん、中古車を買うにもそれなりのお金がかかります。
さらに、購入してからも、ガソリン代・駐車場代に加えて、毎年の税金や保険料など、維持費もバカにできません。
なので、マイカーローンを利用して車を購入するなら、できる限り低金利なローンを選択して安く買うことをおすすめします。

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンの目次に戻る

ジャパンダ・ネットマイカーローンのメリット・デメリット

 

基本情報がわかったところで、次はジャパンダ・ネットマイカーローンのメリット・デメリットをそれぞれ見ていくことにします。

メリット

@銀行にもまさる低金利

 

こちらはすでに説明した通り。
損保ジャパンのジャパンダ・ネットマイカーローンは、銀行マイカーローンよりも低い金利水準です。
基準となる固定金利1.90%〜2.85%からさらに、条件によって2つのキャンペーンのいずれかを適用できる可能性があります。

 

Aネットと郵送のみで契約可能

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンはその名のとおり、ネット専用のマイカーローンです。
そのため申し込みは24時間対応で来店不要。
土日でも審査回答してくれるので、時間や場所に縛られずに手続きを進められます。

 

B保証料込み&保証人や口座開設は不要

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンは低金利ですが、そこには保証料も含まれています。
よって、別途の保証料はかかりません。

 

保証するのは傘下のSOMPOクレジット株式会社なので保証人は不要。
また、損保ジャパン日本興亜は銀行ではないため、新しく口座を開設する必要もありません。

 

煩わしいローン手続きにおいて、シンプルに構えていられるのは大きなメリットです。
もし自動車保険も損保ジャパンのものを利用するなら、ローンと保険を1社でまとめられるのでスッキリですね。

 

C車の所有権は自分に

 

ディーラーローン(残価設定型クレジット含む)を利用すると、支払いを終えるまで車の所有権はディーラー側にあります。
これだと、完済前に車を処分する必要が出てきた場合に、ややこしい事態を招くことも。

 

しかしジャパンダ・ネットマイカーローンを利用すると、銀行マイカーローンと同じように所有権を自分のもとに置くことができます。
正真正銘「自分の車」なので、改造やカスタマイズも自由にしてOKです。

 

D会社に電話連絡がこない

 

当サイトがジャパンダ・ネットマイカーローンのローンセンターに問い合わせたところ、ジャパンダ・ネットマイカーローンの審査手続きにおいては、在籍確認のために会社に電話をすることはないとの回答を得られました。

 

自動車ローンの利用は普通のことですが、会社で「車買うの?どんな車?」などと聞かれるのがイヤな人もいると思います。
そういった人にとっても、ジャパンダ・ネットマイカーローンは便利な自動車ローンと言えるかもしれません。

 

デメリット

@繰り上げ返済に手数料がかかる

 

のちほど返済について詳しく解説しますが、ジャパンダ・ネットマイカーローンは、部分的な繰り上げ返済には対応していません。
要するに、今月は余裕があるからちょっと多めに返す、ということはできず、毎月一定のペースで返していくことになります。

 

メリットである固定金利によって、返済額が変動することはありませんので、良くも悪くも安定したマイカーローンと言えそうです。
なお、一括繰上返済には対応していますが、その場合は5000円(税別)の手数料がかかるので注意してください。

 

A年収による申し込み制限がある

 

ここまで見てわかるように、ジャパンダ・ネットマイカーローンは低金利でメリットの多いネット型マイカーローンです。
そのため、申し込みにあたっては一つのハードルがあり、誰でも申し込めるわけではありません。

 

具体的には、「前年度280万円以上の年収が必要」という申し込み条件が設定されています。
この条件をクリアするのは、アルバイトやパートといった立場では難しいでしょうし、少なくとも1年以上の勤続年数が求められるでしょう。

 

安定感のある低金利マイカーローンを利用するには、安定した収入が必要ということですね。

 

この年収制限がクリアできている人にとっては、デメリット以上にメリットが大きいマイカーローンであることは間違いないでしょう。

 

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンの目次に戻る

ジャパンダ・ネットマイカーローンの審査情報

損保ジャパンのジャパンダ・ネットマイカーローンを利用する場合にも、もちろん審査に通過する必要があります。
その審査情報について、詳しく見ていきましょう。

保証会社

損保ジャパンのマイカーローンにおいては、先ほど少し紹介した傘下のSOMPOクレジット株式会社が保証会社となります。
クレカ業務なども行っている系列会社であり、銀行ほど厳しい審査を行うとは考えにくいです。

申し込み、借入の条件

損保ジャパンのマイカーローンには申し込み条件が3つ定められています。
審査を受ける前にまずはこれらをクリアしましょう。

 

【ジャパンダ・ネットマイカーローンの利用条件】

・申込時、満20歳以上、満60歳以下
・定職、定収入がある
・前年の税込み年収が280万円以上

これらの条件を満たせば、誰でも申し込むことが可能です。
勤続年数に関して、具体的な数字による条件設定はありませんが、前年度の収入を基準にしていることを考えると、ある程度の年数は求められそうです。

 

なお、ジャパンダ・ネットマイカーローンはディーラーへの直接振りこみは行っておらず、契約者本人名義の銀行口座への振込に同意することも借入の条件となります。
本人以外の振込先を指定できないのはデメリットですが、低金利マイカーローンを利用できるメリットを思えば、大した問題ではないですね。

利用できる車の種類

ジャパンダ・ネットマイカーローンの使いみちとして認められるのは、自動車や自動二輪車(バイク)の購入資金と決められています。

 

損保ジャパンのマイカーローンにおける「自動車」は、「軽自動車もしくは普通車」を指すので、大型のトラックなどは対象外です。
自動二輪車(バイク)については排気量251CC以上が対象となり、スクーターのような原付(原動機付き自転車)の購入資金には当てられません。

 

それらを踏まえたうえでの「自動車」であれば、新車・中古車いずれも対象となりますが、以下の場合は対象外となるので注意が必要です。

 

【ジャパンダ・ネットマイカーローンが利用できない場合】

・個人同士の売買契約
・無店舗販売業者からの購入
・法人契約による購入
・個人利用ではない、事業用車両の購入

申し込みから利用までの流れ

申し込みの流れその1

損保ジャパンの「ジャパンダ・ネットマイカーローン」はその名の通り、パソコン・スマホ・タブレット端末などからネット経由で申し込みをします。
原則として24時間365日申し込みを受け付けているので、土日や夜間など営業時間外であっても問題ありません。

 

安定&低金利のジャパンダ・ネットマイカーローンは、審査結果の連絡が早い、つまり審査時間が短いというのも魅力的です。
審査が行われる時間帯(審査営業時間)は、年末年始を除いて、平日・土日・祝日を問わず9時〜17時となっており、ほぼ毎日稼働しています。
そのため、申し込み情報が送信されてから、原則として通算12時間以内に、メールにて審査結果と借り入れ金額のお知らせが届きます。

 

申し込みの流れその2

ジャパンダ・ネットマイカーローンの審査に通ったら、ローン申込書が自宅に郵送されます。
無事に届いたら申し込み書類を記入し、必要書類を同封したうえで損保ジャパン日本興亜株式会社あてに郵送しましょう。
その後、契約内容確認の電話連絡が入り、無事に借り入れることができるという流れです。

 

融資完了までの時間の目安は、公式サイトで申し込みを行ってからトータルで10日前後となっています。
契約書の郵送からだと最短1週間程度での融資を見込めますが、納車日や車体番号の取得状況によって変わってきます。

 

なお、これは余談になりますが、残念ながらすでにジャパンダ・ネットマイカーローンの審査に落ちたという人は、年収制限のないマイカーローンに申し込むことを検討してみましょう。

年収制限がないからといって審査が甘いということにはなりませんが、申し込みの間口が広ければ、審査に通過できる可能性がでてくるかもしれません。
当サイトのトップぺージでは年収制限のないマイカーローンも紹介しているので、気になる人は参考にしてください。

仮審査なし!在籍確認も

バレたくないなぁ・・・

ジャパンダ・ネットマイカーローンには仮審査・本審査という区分はありません。
年収制限のハードルがあるので、申し込める人は他社でいう仮審査に通過している扱いということなのでしょう。

 

購入予定の車名や金額を入力して申し込んだらすぐ本審査が始まり、この審査に通過すれば速やかに契約手続きに移ることができます。

 

すでにメリットとして上に書きましたが、さらに嬉しいことにジャパンダ・ネットマイカーローンは会社への電話連絡による在籍確認もありません。
公式サイトに案内がなかったので直接電話で問い合わせてみたのですが、本人あての連絡先、つまり携帯・スマホに契約内容の確認の連絡があるだけとのことです。
このとき、購入する車の車体番号を伝える必要があるので、事前に確認しておくようにしてください。

 

勤務先への電話がないのは、車の購入やローンの利用が職場の同僚にバレると面倒! という人にとって、大きなメリットとなりますね。

 

在籍確認そのものは書類によって行うので、そちらの準備は抜かりなくしておきましょう。
このあと必要書類を解説します。

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンの目次に戻る

ジャパンダ・ネットマイカーローンの必要書類

損保ジャパンのジャパンダ・ネットマイカーローンに申し込む時点では、特に書類を手元に用意する必要はありません。
しかし契約までに提出が必要な書類が何点かあるので、望み通りの審査結果がでたらすぐに準備できるよう、しっかり理解しておきましょう。

 

ローン申込書(契約書)以外に提出する必要がある書類は、以下のとおりです。

 

所得証明書類

 

原則として、源泉徴収票のコピーの提出を求められますが、用意できない場合は確定申告書直近の給与明細2ヵ月分と賞与明細書で代用もできます。
確定申告書は、特に指示がなければ第一表を送付すればOKです。

 

車の注文書の写し

 

申し込みの時点では不要ですが、審査に通過した後、契約までのあいだに提出します。

 

印鑑証明書の原本

 

申込書の捺印が実印によるものであることを証明するのに必要です。
必ず、発行から3ヵ月以内のものを用意しましょう。

 

 

その他、審査結果によっては必要書類が追加されることもあります。
書類の準備はディ−ラーローンなら代行してもらえる部分なので、ジャパンダ・ネットマイカーローンや銀行マイカーローンの利用においてはデメリットと言える部分です。
しかし、事前に理解していれば難しいことではないので、あまり問題ではないでしょう。

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンの目次に戻る

ジャパンダ・ネットマイカーローンの返済情報

損保ジャパンのジャパンダ・ネットマイカーローンは低金利&固定金利であるため、返済のイメージが定まりやすいというのがありがたいです。
ローンは組んで終わりではなく、返済を完了することが前提。
返済で毎月苦しむことにならないよう、事前プランを立てておきましょう。

返済方法

ジャパンダ・ネットマイカーローンの返済システムは「元利均等返済」となっており、これは
「元」金に「利」息をつけて毎月決まった金額(均等)を返済する方法。
毎月10日の返済日に口座から自動引き落としされます。

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンのデメリットとして上部に記載しましたが、部分的な繰り上げ返済はできないので理解しておきましょう。
一括繰上返済のみに対応しており、その場合は5000円の手数料がかかります。

 

返済について間違いなく言えるのは、見通しが立てやすい、ということです。

 

次の「返済のシミュレーション例」を見てください。↓

返済シミュレーション例

以下に、

・借入金額100万円と200万円
・借入金利1.9%と2.8%
・借入期間3年と5年

を想定して返済シミュレーションをしてみました。
スマホから見ている人は横にスライドして確認してください。

 

【借入金額100万円の場合】

金利1.9% 金利2.8%
3年で返済(36回)

月額返済:28,598円
返済総額:1,029,541円

月額返済:28,993円
返済総額:1,043,735円

5年で返済(60回)

月額返済:17,484円
返済総額:1,049,012円

月額返済:17,879円
返済総額:1,072,772円

 

【借入金額200万円の場合】

金利1.9% 金利2.8%
3年で返済(36回)

月額返済:57,197円
返済総額:2,059,103円

月額返済:57,986円
返済総額:2,087,490円

5年で返済(60回)

月額返済:34,968円
返済総額:2,098,057円

月額返済:35,759円
返済総額:2,145,570円

 

金利が変動しない固定金利制は、あとから返済額が変わることがないので安心ですね。

自分に合った返済プランを考えて

 

損保ジャパンの公式サイトでは返済シミュレーションをすることができ、これ以外の希望する条件で、毎月の返済額などが一目でわかります。
いくら低金利でも借りすぎは禁物ですから、自分に適した返済計画を立てましょう。

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンの目次に戻る

ジャパンダ・ネットマイカーローンの口コミ評判

口コミで何が評価されてるの?

自動車ローンの口コミはネットであっても見つかりにくいもの。
ジャパンダ・ネットマイカーローンについても、関連サイトこそ多いものの、具体的な口コミはなかなか見つかりませんでした。

 

ここでは、当サイトが独自に募集をかけて集まった口コミを1件だけですが紹介します。
ネット情報のひとつとして、あくまで参考としてください。

 

【男性・30代前半・会社員(IT系)・勤続2年・年収330万】

好条件の自動車ローンがないかネットで検索していて、このマイカーローンを知りました。
ネットマイカーローンなのでテレビCMでの宣伝がなく、知る機会がなかったので助かりました。
それまで自分が検討していたどのローンより金利が安かったのと、年収の条件も一応満たしていたので、勤続年数に少し不安はありましたが申し込みました。
ジャパンダ・ネットマイカーローンのなかでは高い部類の2.8%金利になりましたが、それでもめっちゃ低金利だと思うので満足してます。

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンの評判、評価を調べていると、やはり『低金利』である点に言及が集中しています。
1.90%〜2.85%という金利は、他のマイカーローンやフリーローンと比較しても非常にお得で、多くの支持を集めていますね。

 

また、申し込み手続きが簡単という点についても評判が良いようです。
銀行のマイカーローンだと、その銀行の口座開設が必須条件となることも多く、その手続きに時間や手間をとられます。
でも損保ジャパンのジャパンダ・ネットマイカーローンでは現在利用している口座を振込口座として設定することができるので、手間いらずです。

 

一部のネット銀行の口座にも対応しているようなので、口座が増える面倒をカットできるのは強みかと思います。

 

知恵袋でも口コミ調査を試みましたが、こちらには審査の厳しさを心配する人の質問や、審査に落ちた人の不満しか見当たりませんでした。
5ch(旧2ch)でも保険の話題は見られましたが、ジャパンダ・ネットマイカーローンについては話されておらず……。

 

自動車ローンといえばディーラーや銀行というイメージが強い中で、保険会社のネットマイカーローンというのは、まだまだ「穴場」なのかもしれないですね!

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンの目次に戻る

ジャパンダ・ネットマイカーローンのQ&A

クエスチョン各種問い合わせ先は?

アンサー

・引っ越しによる住所変更
・転職による勤務先変更
・電話番号の変更
・引き落とし口座の変更
・残高証明の発行
・繰り上げ返済の希望
・契約前の申し込みキャンセル

などなど、契約後の諸々の問い合わせは、保証会社であるSOMPOクレジット株式会社のローン事務部に行います。

 

公式サイトから申請用紙をダウンロードできるほか、電話での問い合わせにも対応しています。

 

TEL:0120-015-023

(受付は平日9時~17時)

クエスチョン借り換え目的で利用できる?

アンサー
ジャパンダ・ネットマイカーローンは低金利なので、ディーラーローンからの借り換え先として利用したい人もいるかもしれません。
しかし残念ながら、ジャパンダ・ネットマイカーローンは借り換え目的で利用することはできません。

 

現在の自動車ローンの負担をどうにか減らしたい場合は、TOPページの比較表を参考に、借り換えに使える別のマイカーローンを探しましょう。

クエスチョン審査が厳しいのでは?

アンサー
「低金利・固定金利・会社への電話なし」とメリットの多い損保ジャパンのジャパンダ・ネットマイカーローンですが、そんなに好条件なら審査が厳しいのでは? と不安になる人も多いでしょう。
審査がある以上、それに落ちた人もいるわけで、誰でも利用できるマイカーローンではありません。

 

しかし、申し込みを思いとどまるほど厳しい審査かというと、そのようなことはありません。
その理由を説明していきます。

 

1.すでに年収制限をクリアしている
すでに説明したように、損保ジャパンのマイカーローンの申し込み条件には「前年の税込み年収が280万円以上であること」という一文があります。
これは、いわゆる「年収制限」にあたります。
年収制限を設けていないマイカーローンや、もっと低い制限にとどめているマイカーローンと比較すると、なかなか厳しいハードルと言えるかもしれません。

 

ですが、申し込みの時点で厳しい制限を設けているということは、逆に、この条件は審査に進むうえで損保ジャパンが重要視している項目とも考えられます。

 

申し込める時点で、すでに損保ジャパン側からの要求をひとつクリアしている状態なわけですから、審査通過の見込みは十分あるでしょう。

 

2.保証会社が系列会社
こちらもすでに記載しましたが、損保ジャパンのマイカーローンの保証会社は、傘下の系列会社のSOMPOクレジット株式会社です。
これは大きな視野でとらえた場合、「SOMPOグループの審査基準を満たせばよい」ということになります。

 

グループ外の会社に保証を依頼しているようなローン商品では、その保証会社独自の基準によって審査が進められることになります。
損保ジャパンのマイカーローンで満たす必要があるのは「SOMPOの基準」であり、申し込める人はそのひとつをすでにクリアしているはずです。(@)

・著しく信頼を損なうおそれがある事故情報
・年収に比べて過度に多い借入希望
・他のローンの返済比率が高い

などがなければ、審査落ちの可能性は低いと思われます。

 

3.とはいえマイカーローン
最後は少し、身も蓋もない言い方になってしまいますが、結局のところ、マイカーローンの審査はローン審査のなかではハードルが低めです。
マイカーローンは「この車をいくらで買うのでいくら借りたい」というように事情が明快ですし、それを証明する書類なども提出してもらえるからです。

 

貸す側の心理として、カードローンのように「なにに使うか未定だけど貸してくれ」より安心できるのは、会社も個人も同じということですね。

 

もちろん、大手企業が取り扱う低金利マイカーローンなので審査が甘いということは決してありませんが、過度に厳しい審査をしていては利用者が増えず、収益にはなりません。

 

理にかなった申込内容だと自己判断できるのなら、臆せず申し込んでみるべきでしょう。
いずれにしても、その後何年も高い金利に悩まされることのないよう、慎重に検討してほしいと思います。

 

審査に通るコツは2つ。
まずは過去のマイナス情報を解消し、いまの自分で判断してもらえる状態を確保する。
次に、その今の自分が信用してもらえそうな状態になっているか判断する。

 

いまいちど、振り返ってみてください!

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンの目次に戻る

損保ジャパン日本興亜とは

損保ジャパン

 

業界トップクラスの低金利であるジャパンダ・ネットマイカーローン。
そんなマイカーローンを提供している損保ジャパン日本興亜とはどんな会社か、最後に軽く説明して締めたいと思います。

 

損保ジャパン日本興亜の正式名称は
損害保険ジャパン日本興亜株式会社」。
新宿に本社を構え、日本有数の損害保険会社として有名です。
元々は、
損害保険ジャパン
日本興亜損害保険
という別々の会社でしたが、2014年に合併し、単体の損害保険会社としては国内最大となりました。

 

合併の際には、非常に長い企業名としてもネット上で話題をさらいましたね。
(なのでこのページでは基本的に「損保ジャパン」と表記しています!)

 

傘下の子会社として

・そんぽ24損害保険株式会社

・セゾン自動車火災保険株式会社

などが存在しており、いかに保険事業に精通しているかが伺えます。

 

メインサービスの保険事業で提供しているのは

・自動車保険

・バイク保険
・医療保険
・海外旅行保険

などです。

 

一方、ローン関係で取り扱っている商品は、ここまでで詳しく紹介した「ジャパンダ・ネットマイカーローン」のみ。
そのため、損保ジャパン日本興亜がローンを提供しているということを知らない人も多いです。
しかし、保証会社にもなっているSOMPOクレジット株式会社という金融系の企業を傘下に持ち、保険だけでなく金融関係にも強いことがわかります。

 

マイカーローンに限らず、ローンを利用するというのはつまりお金を借りるということ。
なので、信頼のおける企業を選んで借り入れを行うことが、利用中の安心につながります。
その点、損保ジャパン日本興亜は国内最大級の損害保険会社であり、安心して利用できます。

 

 

自動車ローン比較トップページへ戻る